鳩の被害は駆除で防ごう|業者依頼で安心できる暮らしを取り戻す

男女

迅速な対応が必要です

ハクビシン

キイロスズメバチは、非常に攻撃性が強く、強力な毒性を持つハチです。見かけたら、頭を白い布で守り、姿勢を低くして逃げます。駆除は、専門の業者に任せ、巣の撤去を行ってもらいます。刺されたら、素早く医療機関で治療を行います。

もっと知ろう

専門業者に依頼

ハト

近寄らせないために

鳩には、気に入った場所に固執するという性質があります。したがって、鳩を寄せ付けないようにするために何らかの対策をおこなったとしても、鳩はそれを乗り越えて、その場に近寄ってきます。たとえば剣山を設置したとしても、その剣山の1本1本の隙間に器用に舞い降りたりするのです。また、鳥獣保護法という法律があるため、個人が鳩をむやみに殺害したり傷つけたりすることはできません。そのため市販されている鳩対策グッズは、鳩を傷つけない程度のものとなっているのです。たとえば先述した剣山も、先端がとがっていなかったり、硬い金属ではなく弾性のあるプラスチックで作られていたりするのです。そしてそのこともまた、何度も近寄ってきてしまう原因のひとつとされています。したがって本格的な対策をするには、駆除業者に依頼する必要があります。

害のない方法で

駆除業者は、その場を鳩にとって危険な場所とするような対策をおこないます。たとえば鳩の苦手な匂いを長期間発し続ける忌避剤を設置したり、羽休めや巣作りに適した場所をワイヤーやネットで覆ったりといった具合です。羽などを傷つけてしまう心配がない道具を的確に使い、近寄ってくることを阻止するのです。安全ではないと気付けば、鳩はその場所に固執しなくなり、自然に去っていきます。殺傷力のない対策グッズが使用されるので、人間にとってももちろん安全です。たとえばワイヤーに触れても、皮膚が切れてしまったりする心配はありません。忌避剤も、人間にはほとんど匂いが感じられない程度のものですし、匂っても健康面での害はないのです。それでいて鳩の糞などによる被害がなくなるので、多くの人が駆除業者に対策を依頼しています。

被害が最も多いハチ

蜂

キイロスズメバチは小型の種類ですが、小さくても攻撃力は非常に強いので注意が必要です。巣の引越しをする習性があり、短期間のうちに組織の力で巨大な巣を作ります。そんなキイロスズメバチを駆除するには素人だと危険が大きいので、害虫駆除専門の業者を利用するのが安全な方法です。

もっと知ろう

昆虫による害を考えます

白蟻

昆虫は微小な生物ですが、人間に対して単独でも非常に実害を齎す種類がいます。キイロスズメバチは極めて攻撃性が高いので、安全のために駆除業者への依頼すれば確実に処理してくれます。越冬はできないので、春以降に危険性が高くなります。

もっと知ろう